本日 1 人 - 昨日 31 人 - 累計 46414 人
RSS

9月

2018年09月15日
災害が続いている。
ここに、これらをどう書いたらいいのかわからないままで数日が経ってしまった。

6月18日に起きた大阪北部地震。
ブロック塀が倒れ、小学生が下敷きとなり死亡したことが大きく報道され、
調べたら相当量の危険ブロック塀が学校にもあることが判明した。

7月上旬は西日本を襲った集中的な豪雨。
「平成30年7月豪雨」と名付けられたこの豪雨は、広島をはじめ岡山、山口と、その被害は各所に亘り、
土石流等により倒壊した家は数知れずあり、壊滅した集落や水没した町、その死者は224人を数えた。

8月上旬には台風13号が東日本を縦断。
山形で河川が氾濫したことを始め、農産物等東北の各所に大きな爪跡を残した。

8月下旬には台風19号、20号が続けて列島を直撃した。
奄美地方を直撃した19号は観測史上最大の風速と、これも観測開始以来初めての
5日間連続台風発生という記録となった。
20号は徳島から斜めに和歌山を横断、風車の倒壊や河川の氾濫ばかりでなく、記録的な大雨を各所で観測した。

そして9月に入り、4日には今シーズン最強と言われた台風21号が四国、関西圏を直撃した。
高潮とも相まって完全に冠水した関西国際空港と連絡橋へのタンカー激突により、空港は一時完全に孤立化した。
国際空港であるがゆえに、その影響は海外からのまた海外への客はもちろんのこと、
それのみならず輸出入へも大きな打撃を与え経済にも深刻な影響を及ぼす可能性を指摘されているが、
9月14日現在、まだ完全復旧には至っていない。

更に6日には北海道でM6,7の地震が発生。
震度は7を記録した地域もあるこの地震は、発電所の停止による道全域にわたる停電が発生。
いたるところで起きた大規模な土砂崩れ、断水は、これもまだ完全復旧のめどが全く立っていない。
加えて、この夏は「もはや災害」と予報官が伝えた猛暑でもあった。
観測史上最高気温を伸ばし、熱中症による死者は7月だけで130人を超えていた。
台風発生の数も例年の1.5倍と言われていたが、この猛暑がそれと関係していることを指摘する予報官も多かった。

こうして記録するだけでほぼいつも書いている字数に近くなるほど、災害続きの夏だった。
これだけ各所で災害が起きれば、当然、知り合い、関係者の中に被災者がいる方も多いのではないだろうか。
ぼくもその一人だ。
阪神淡路大震災に始まり、中部地震、中部沖地震、東日本大震災、熊本地震、
ほかに水害にあった場所にも出かけてきた。
そのたびさまざまな思いを抱いてきたが、今回倉敷市真備の友人の家の冠水とその現場に入り、
大切な人が被災するとこんな気持ちになるのか、と言うことを初めて実感した。
いのちがある、それだけでこんなにうれしいことも。
ぼくも他人事ではいられない、改めてそう思うことができた。


8月

2018年09月15日
ニュースでも連日やかましく言われているが、今年は異常な気象が続いている。
極端に早い梅雨明け、西日本を広範囲に襲った信じがたい豪雨、その後の記録的猛暑。
これらの異常気象は、日本でだけ起きているものとばかり思っていた。

しかし、世界に目を転じてみると、全くそんなレベルではなかった。
2月には大寒波が欧州を襲い大勢の凍死者を出したが(これは知っていた)、
これは北極圏の異常な高温に原因があるのだという(これは知らなかった)。
今年北極圏は例年と比べ、平均で20℃以上、時には30℃以上も気温が高い日があったようだ。
中には氷点下を上回り、2℃となった日もあったそうだ。
観測史上最高というから、やはり異常は日本だけの事ではない。

しかも、その理由が、普段は気温が安定している成層圏が異常高温となったことにあるのだという。
成層圏と言えば、ぼくたちが住んでいて偏西風などが吹いている対流圏のさらに上層圏約8キロ以上なので、
そんなところにも異常が認められるという事になる。
それが対流圏の風向きにも大きな影響を及ぼし、欧州を大寒波に陥れたというのが真相らしい。

当然、気象は国境ごとに変わるわけではなく、地球規模で影響しあっている。
日本の異常気象が日本だけで起きていると考える方がありえないことだったのだが、
日本の気象ニュースは日本の事しか伝えないので、ぼくは少しの間世界に想像が及んでいなかった。
情報は意識して受け取らないと、ただ流されたものを妄信してしまうと
あらためて気づいたときには自分が恥ずかしく思えた。
と同時に、日本の事ばかり言っていても全くしようがないことだとこれも気づいた。
なぜなら、これは人が起こした温暖化によるものである可能性が非常に高いからだ。

地球温暖化の話は、言われ出してから数十年がたつ。
二酸化炭素ガス等の温室効果ガスの排出規制目標値を決め、各国がそれに賛同したパリ協定。
その後米国が協定からの離脱を宣言、世界中からの批判を浴びた。
米国は、中国と並び世界の2大温室効果ガス排出国だ。
温室効果ガスは、エネルギーの利用と大きく関与している。
つまりとても単純な言い方をすれば、膨大なエネルギーを使い利便性を高め
経済効果を生む、それは温室効果ガスの大量発生に比例する。

温室効果ガスの抑制を難しくしているのは、経済に打撃を与える可能性が高いことにある。
温室効果ガス削減に米国が乗らないとしても、気候変動はもれなく米国も襲う。
そんなことは、小学生でもわかる。
但し、厄介なのは、本当に地球は温暖化しているのか、
しているとしてそれが温室効果ガスによるものなのか、その証明ができていないことにある。
事実今の地球はまだ氷河期にあり(氷河が地上に存在する時期)、
かつての地球にはまったく氷河が存在しない時期もあったのだ。

北極圏が氷点下を上回るとなると、氷の融解もいよいよ現実味が帯びてくる。
その時、海面は何十メートル高くなるのだろうか。
地球の歴史の中では、最高海面時より今の海面は100メートル低いのだそうだが…


※管理人の都合により掲載が遅れてしまいました。申し訳ありませんでした。

7月

2018年07月14日
今日は、7月11日。
毎月11日以前に原稿をアップしたいと思って書いているのだが、今月はかなわなかった。
その理由は、今月西日本を襲った大雨による水害だ。
何がしかのひと段落が見られるまでは、書く気になれなかったのだ。
ぼくの友人も倉敷市真備町に住んでいて、被災していた。

7月7日、七夕、ぼくは山口県宇部市にいた。
宇部にプレーパークをつくりたい、市長判断で動き出したプロジェクトに参画しているのだ。
全4回のプレイワーク講座。
最終回は9月8日の本番、1日プレーパークの開催日なので、それを前提とした研修会は3回、その最後の日だった。
この日の数日前から九州、中国、四国、近畿は前代未聞の大雨に見舞われ、
新幹線をはじめとする電車はほとんど止まっており、実際にこの日の開催も危ぶまれていた。
そんな大雨真っただ中に突入するかのように羽田から宇部空港に入り、その日に返ってきたのだった。
空路だからできたことだった。
そしてその一報は、帰りの宇部空港でのテレビで知った。
町一面が巨大池と化したその映像の端に、確かに「倉敷市真備町」とある。
搭乗まで時間がなかったので、羽田に着いてからその友人に電話をした。
「避難してから現場には行ってないけど、テレビの映像で見る限り2階までやられていると思う。」
それは、ぼくにとっても衝撃だった。
被災地支援などで被災現場には何度も入ってきたが、友人がその被災者であったのは初めてだった。
その時点では、まだ雨は降り続いていた。
その雨がどうなるのか気をもんだが、ぼくの気持ちはその後にも及んでいた。
季節は夏。
水が引いた後、濡れて重くなった家具などを表に出し、一刻も早く泥をかきだし、
壁や基礎内部を洗浄しないと湿気であっという間にカビが付く。
下水も含め様々なものが混じった泥水は、感染症の原因ともなる。
その汚泥が渇き、粉じんとなって舞い上がることで、これも大きな健康被害を生む。
何と言っても、暑さだ。
その暑さをもろに受けながら、これらの事と闘わなくてはいけない。
その過酷さは、想像をはるかに超える。

今日は11日、東日本大震災の月命日。
毎月この日の14時46分に羽根木プレーパークに集まり、「ふるさと」を歌っている。
誰が来るのかは、行かないとわからない。
でも、今日もそこにいる人に呼びかけて、20人くらいで歌った。
今回は、東北だけでなく、西の方角にも黙とうをしてから。
できることは何かないかと自問しながら。


※管理人の都合で更新が遅れ、7/14に記事を上げています。

6月

2018年06月09日
「梅雨入り宣言」、なぜ気象庁はこれをするのか。
そんな問題がテレビでクイズになっていた。
答えは、「災害に備えるため」。
お笑い芸人が正答したが、なるほどね、と思った。

関東地方に梅雨入り宣言が出て3日後、台風5号が発生した。
予想コースに、低いながらも本州直撃の可能性を排除できないとあった。
幸い直撃しなかったとしても、梅雨前線を大いに刺激するという。
大雨に対して警戒を、という意味だ。
そうは言われても、実際大雨となったらそれを未然に防ぐことも逃げることもできない。
せいぜい、外に出ることの足止めを食う可能性を考えて食糧を備蓄するくらいだろう。

けれどよく考えると、台風を含め、数ある自然災害の中で天気だけは予測がまだ可能な方と言える。
以前より観測網・技術が発達し、いくらかは予測が可能となってきた噴火と地震だが、天気予報と比べれば雲泥の差だ。

その噴火だが、先月に触れたハワイのキラウエア火山に続き、グアテマラのフエゴ火山が大爆発を起こした。
死者99人、行方不明者190人以上というのが6月8日の現状だ。
写真を見ると、フエゴ火山は富士山のような円錐形でもっととがっている。
高さも富士山と同じくらいの3700メートルだ。
その先端から火柱が立ち、噴煙は1万メートルに達したという。
大きな火砕流が起き、街そのものがのみこまれ、完全に埋まっている家がたくさんあるらしい。
大雨も降り、捜索は難航しているというが、早く不明者が見つかることを祈るばかりだ。

キラウエア火山の最新ニュースは、ハワイ最大の淡水湖であるグリーン湖が溶岩で埋まり、完全に蒸発したとある。
そのニュースに触れ、グーグルマップでその距離を見た。
なんと50キロ強!
新宿を起点とすれば、湘南の茅ケ崎あたりまで流れたという事になる。
グリーン湖の大きさを見ると、100×80×60メートルくらいの丸みを帯びた三角形をしている。
最大水深は60メートルというから、それを埋め立てた溶岩の量は推して知るべしというところだ。

日本が抱える北方領土、竹島、尖閣諸島などの領土問題。
ロシアによるクリミア併合とかひとつの中国を宣言する中国と独立国家であると異論を唱える台湾。
旧イギリス領、フランス領、スペイン領等の国も、もとは領土を占領された国々だ。
こうした領土を区切る国境は、長い年月のうちに自然にプレートが動き合体し離散し、体をなさなくなる。
自然災害は、確かに人間の持つ時間の短さから見れば災害だが、
自然の持つ時間の長さから見たら「ただ節理のまま動いている」ことになる。
本当の災害は、領土問題などの、目先の経済効果にとらわれた人間が起こすものなのかもしれない。

5月

2018年05月11日
5月3日、ハワイ島キラウエア火山が噴火した。
気になって調べたら、結構頻繁に噴火し、その都度それなりの被害が出ていることを改めて知った。

ハワイ諸島は新しい火山列島だという事は知っていた。
年間で数センチ、日本列島に近づいていることも。
今噴火しているキラウエア火山の下にホットスポットがあり、プレートをぶち抜いて噴火する。
噴火が収まり長い年月のうちにプレートが日本側に動き、数万~数百万年後にまた噴火する。
そこに、新しい噴火から生まれる島がまたできる。
それを繰り返してハワイ諸島が生まれたのだと考えられている。
なので、諸島の日本側に行くほど島の年代は古く、風化にもあいそのうち海に沈んでしまう。
けれど、海の中にはその残骸である山の頂が点々と続いており、なんとそれは「天皇海山群」と呼ばれているそうだ。
歴代の天皇の名前が付けられているのだというが、由来は知らない。
ハワイ島は、海上に露出した火山としては諸島の中で最も新しいものだが、
新たな噴火口が日本と反対側の海の中にあるらしい。
いずれはそれが海上に露出し、ハワイ島は2番目に新しい島となるのだろう。

地割れが起き、そこかしこから溶岩が流れ出ているようだが、
キラウエア火山の噴火は日本の火山のように爆発的には起きないらしい。
なので、溶岩流に直近まで近づくことも可能で、それが観光資源ともなっている。
溶岩流は、女神ペレの気持ちの表れだと、ハワイの人は考えているのだそうだ。
なので、住宅に向かっていく溶岩の流れを変えたり、妨げたりすることは
その気持ちや意思に反することであり、とんでもないことだと考えているらしい。
地元の人は、結構さっぱり受け止めている感じのようすがニュースから見て取れる。
ここに、自然を制御の対象とするか、それとも受容しようとするかの世界観の違いが見て取れる。

東北を襲った津波。
その復興のために巨費を投じ、巨大な防潮堤を築きかさ上げ工事を行っている。
決して少なくない人たちは、そんなやり方ではなく、とにかく高台に逃げる道の整備や方法の確立を望んでいた。
前者が制御で、後者が受容の考え方だという事は、すぐにわかるだろう。
どちらがいいのか、それを十分に話し合う機会を持つことはあまりなかったように感じている。
予算を付けるためにはこの時までに返事をという期限が切られ、
申請しなければ予算は付かないという脅しとも感じられる中での決断だったという印象だ。

最大級の防潮堤があったからみな大丈夫だと思い、海が見えなかったがゆえに
それを超える津波が来て初めて現実を知り、手遅れとなった町があった。
自然は、いつだって人の発想を超える。
それを制御することが「文明」というものであるならば、そこには限界があることをもう気付いていい時だ。
ハワイの人々から学ぶべきことは、決して小さくはない。

次の5件 >>