本日 20 人 - 昨日 33 人 - 累計 118548 人
RSS

2月

2019年02月21日
「神戸をわすれない」と名付けた集会が世田谷にある。
言うまでもなく、1995年1月17日に起きた阪神淡路大震災のことだ。
今年開かれ、32回目の集まりが1月19日にあった。
大震災があってから24年目なので、32回とは年に2回開いたことがあることを意味する。
それにしても24年! 考えてみたら、これはすごい話だ。
ひとりの人間ならば生まれてとっくに成人しているし、干支も二順している。
これを毎年欠かさず続けてこられたのは、たった一人の人、
星野弥生さんという人が本気で「忘れない」と腹を決めていたからに他ならない。

阪神淡路大震災の時、ぼく自身は世田谷のプレーパークの活動として長田区に遊び場を立ち上げていた。
1月26日に現地入りし2月3日には遊び場を立ち上げていたので行動は早かったのだろうが、
被災地での遊び場づくりはこの時が初めてだったので、不安だらけだった。
広島の爆心地の写真をほうふつさせるような焼け野原となった現場を、ぼくは今でも忘れることができない。
同じ世田谷に住みながら、実は弥生さんとぼくはこの神戸で本格的に出会った。

震災の2年前、弥生さんはスペインの「ベンポスタ子ども共和国」のサーカス団を日本に招き、
神戸でその最終公演を行っていた。
その時に地元の受け入れを担ってくれた長田区の鷹取教会が被災し、その見舞いに神戸へ来ていたのだった。

ベンポスタ子ども共和国は「強いものは下に、弱いものは上に、子どもはてっぺんに」をモットーに、
身寄りがない子どもを含め、さまざまな事情の子たちが暮らす場所だ。
スペインのガリシア地方に小さいながらも独自の敷地を持ち、議会や首長も住民である子どもが選挙で決め、
通貨を発行し、食もできる限り自給自足を目指す共和国だった。
そこには運営のための外貨を稼ぐサーカス団があり、この共和国のモットーを体現する人間タワー
(大人が下に、大きい子が上に、小さい子は3メートル以上のてっぺんに)が最高の見せ場となっていた。
弥生さんは、その共和国から日本大使を任命されサーカス団を招いたのだった。

世界的にもおそらく例がないそのベンポスタ子ども共和国のドキュメント映画を、
一人の日本人映画監督、青池憲司さんが撮った。
その青池監督が「野田北部・鷹取の人びと」というタイトルで、
この大震災をその地域の人たちがどう乗り越え復活していくのか、
4年に亘って撮り続けていくことになる。
「神戸を忘れない」では全14部にも亘ることになったその記録映画ができるたびに鑑賞会を開き、
シンポジウムを行ってきた。
32回にも亘るその集まりには、こうした背景があるのだ。

しかしそれでも「忘れない」こと、ましてや、そのたび集会を開き続けることは難しい。
1月19日にぼくは出席できなかったが、野田北部からもパネラーとして駆け付けた方もいたそうだ。
今でも「忘れない」と声に出し、集まる人々が東京にいることを、その方はどう感じただろう。
来月丸8年を迎える東日本大震災、ことに原発「事件」、忘れないと改めて思う。

※管理人の都合で更新が遅れました。申し訳ありません。


1月

2019年02月21日
1月早々、熊本で再び地震が起きた。
和水(なごみ)町で震度6弱、人的被害が出なかったことは幸いだった。
和水町は福岡県と隣節しており、その福岡側に住む友人は
「自分のところでは全く揺れを感じなかったので驚いている」と話していたので、局地的な揺れだったのだろう。
2年前の熊本地震とは全く別の活断層だと言うことだが、
熊本地震が関係していないのかと言うことについては分らないらしい。

地震や火山の災害は時として想像を絶する被害を生むが、
それを単なる悲劇としてではなく、新たな社会創世に向けた好機と捉え動き出したところがある。
北海道で起きた地震で僕の友人が三面六臂の活躍をしたことを以前報告したが、
その彼が、役所に出向することになったと報告を受けた。
被害を受けた中学校の再建、しかも、小中一貫校としての新たな取り組みに関わるというのだ。

当人は幼稚園の園長であり学童クラブの学園長でもあるので、これで幼少中の子どもの育ちを
公教育+放課後と一貫して俯瞰できる教育環境が構想できることになる。
さらに、社会教育施設の建て替えにもかかわることになり、これで生涯教育分野もカバーできる。
そしてもうひとつ、地震を機に立ち上がった災害ボランティアセンターにもかかわり続けるというのだから、
オセロで言えば完全に四隅を押さえたようなものだ。

この町のこうした人材育成の機関(幼児教育、義務教育、生涯学習、ボランティア)を
総まとめにしてプロデュースすることを可能としたのは、まさに地震でガラガラポンされてしまったことがきっかけだ。
これをもし政治の力でやろうとしてもおよそ簡単ではないし、恐らく相当時間がかかる。
その理由は、様々なイデオロギーであったり利害の対立であったり個々の想いの違いであったりする。
それが一瞬にして破壊されてしまったがゆえに、守るものそのものがなくなってしまった。
しかも、多くの町民が同じような目に遭っているがゆえに
皆で何とかしなければ、という思いを持つことがより可能となっている。
反目している暇はないのだ。
同じ方向を向き、乗り越えなければならないのだ。

ピンチはチャンスとは、よく言われることだ。
けれど、それを実現することはたやすいことではない。
なぜなら、それを成すには胆力がいるからだ。
そして、その胆力は、それまでの考え方や生き方に大きく依拠する。
一朝一夕で身につくものではないからだ。
そして、それは「遊び心」と大いに関係している。
不屈という言葉には屈強な精神力を感じるが、そこにはなぜかプロセスへの喜びというニュアンスが感じられない。
どんな事態に出会ってもその中に一抹の希望を見出し、ささいであってもそれに喜びを感じ、大事に育てることができる。
こうした「プロセスを楽しむ力」は、遊ぶことで育てられる。

※管理人の都合で更新が遅れました。申し訳ありません。