本日 20 人 - 昨日 33 人 - 累計 118548 人
RSS

9月

2020年09月15日
先週末の台風10号。
「かつて経験したことがない」強さだと、気象庁が数日前から異例の警告を出し続けた。
結果的には、進路が九州沖合に少しそれたこともあり、事前の最大級の警戒警報ほどの被害は免れたように思う。
それでも土砂崩れでいまだに行方不明の人がいるし、何より海水面の温度が下がっていない。
まだまだ台風シーズンのただなかにいることを思えば、決して油断ができる状況ではない。

けれど、目を転じて朝鮮半島はいったいどうだったのだろう。
偏西風に乗らず北上を続けたので、九州からそれたぶん、朝鮮半島には直撃だった。
韓国、北朝鮮にも被害は及んだのではないかと、ちょっと前に調べてみた。
10号の直前の9号が同じく北上していた。
日本には直接被害を与えなかったのでついスルーしていたが、ここですでに大きな被害が出ていた。
台風のダブルパンチを受けていたことに、初めて気づいた。
10号は、九州の対岸に位置するプサン付近に上陸し、プサンの町は川の氾濫とともに
水浸しになったとニュースが伝えていた。
人命も、数人失ったとのことだった。
ここには被害状況を書ききれないが、韓国に関してはそれなりに調べれば被害が分かった。
だがしかし、北朝鮮に関してはよく分からなかった。
けれど、今日になって、ネットニュースが北朝鮮の惨状を伝えていた。

道路や橋、鉄道や送電線が寸断され、交通網が完全にマヒしているという。
水害や土砂崩れが都市部も含め農業地帯に起きているとのことで、そのニュースは、
今年の収穫期に起きたこの被害に大きな危機を伝えていた。
国外に被害を伝えられる国は、まだ国外からの支援を受ける道が開けている。
けれど、北朝鮮は、いいことが起きると派手に伝えるが、マイナスなことはあまり出さない国だ。
これは中国も同じだが、中国とは国の体力が違う。
国際社会に向かって助けを求めることを表立ってしないこの国は、かつて国民の多くを餓死させたと伝えられている。
その数、数百万人とも。
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)がその惨状を伝え、国交がない先進諸国にも
緊急の人道支援を訴えたことは記憶している人もいるかと思う。
けれど、その人道支援さえも飢餓状態にある国民に届くことはなく、国家首脳及び兵隊はじめ
その体制を守るための人々にほぼ独占的に配られていると思われる様子から、手を引かれてしまった。
こうしたことを見ると、自然災害そのものは簡単には避けられないとしても、その被害にあった国の国民が
どういった体制の国に住んでいるかがその後の暮らしの天地を分けることに気づく。
もちろん、日本で被災した場合、国民に日本は手厚いと言いたいわけではない。
例えば「激甚災害」に指定しなければ国は手を差し伸べない、その家に住み続けることができない点では同じでも
「半壊」「全壊」による補償の額が全く違う、等々。
今回のコロナにしても、休業要請と補償が一緒に考えられていない等、被災した人たちに対する国の
責任の負い方や考え、制度など、考えなければならない点はたくさんある。
そして、これは政治が、つまり人の意思が決めている。
どのような意思を、その国は持ちたい、あるいは持とうと考えているのか。

今日は、9月11日。
19年前の2001年、希望に満ちていると誰もが期待した新世紀を、絶望的な事件が切り裂いた。
アメリカ、ツインタワーのそれぞれに2機の旅客機が突っ込み、その衝撃により瓦解した。
第3次世界大戦に発展する危険すら覚えさせたこの事件は、自然災害ではもちろんない。
亡くなった数えきれない命、それを指揮したのは紛れもなく人の意思だ。
そして、それに続く湾岸戦争、イスラム国の席巻、ナショナリズムの台頭…、
すべてが人の意思が生み出した悲劇であり、それは再生産されていく。
今やナショナリズムはコロナウィルスのように伝染し、世界に蔓延しつつあるように見える。
自国の利益しか見ないこの姿勢はエネルギーを独り占めし、地球を、
人が住める状況には後戻りできない環境に変えていく。
そして、未知のウィルスが出現し、かつて例がない規模の低気圧(台風やハリケーン等)を生み、
極点の氷を溶かし、海水面を押し上げる。
自然災害すら、人が生み出す時代に入っている。

おりしも日本は今、ポスト阿部の、これからのこの国を背負う総裁選の真っただ中にある。
彼らは、この国の、世界の未来を、どう描こうとしているのだろうか。
それを思い描く政治家であることを、未来を生きる子どもに思いをはせながら、強く願う。


8月

2020年09月15日
山形の、僕の友人が何気ない会話の中でこう話した。
「その地区で最初にコロナに罹った人が、引っ越しを余儀なくされちゃったんだよね。村八分とかそんなレベルじゃなく、
仕事も当然できないし、結局住み続けることもできなくなって」
一瞬絶句した。
「それ、とんでもない話じゃない! 本当のこと?」
「ほかにも聞くよ。」
お盆の今月、東京に住む身内に「帰ってくるな」という地方からの話は報道でよく聞く。
まさか、コロナに感染しただけでそこに住めなくなるなどということがあるなんて!

こんな状況を、ぼくは新型コロナの感染よりはるかに怖いと感じる。
差別や選別、それがまかり通ってしまう常識が、人の心を闇に引き込んでいく。
いや、差別や選別は、そもそも人の心の中にある。
それを認め、それとしっかり向き合っていないと、人はいとも簡単にその闇に引きずり込まれるのかもしれない。

医療従事者に感謝を!と言いつつ、その家族が学校や職場であからさまに遠ざけられる。
福島で原発事件(あれは事故ではない)に合い、子どもの健康被害を案じる親が引っ越したその先で、
学校で「放射能がうつる」と言われいじめられる。
まるで「菌」や「ウィルス」の扱いだ。
なぜこんなことが起きるのだろう。
おそらく、その根底にあるもののひとつは、「恐怖」とそれからくる「不安」だ。
しかし「恐怖」と「不安」は、全く別物だ。

「恐怖」には、それを引き起こす実態がある。
「不安」には、その実態がない。
つまり上記の話で言えば、コロナウィルスや放射線はその実態、つまり恐怖の対象。
けれど、それが「うつるかもしれない」というのは、これは不安だ。
不安を少しでも軽くしたいのなら、恐怖の対象をしっかり知ることだ。
それさえ正しく理解すれば、不安のもとは確実に軽くすることができる。

人は、知ることができる。
そして、考えることができる。
報道や人が何を言っても、大事なことが何なのかを、人は自らの頭で考えることができる。
その上でわからないことがあれば、人は調べることができる。
よくわからないで、判断に迷うことはあるだろう。
けれど、だからと言って簡単な答えにすがることが何を意味するのか。
それを狙っているのが、心にぽっかり穴をあけた深い闇なのだと、僕は思う。
さぁ、飛び込んでおいで、楽に答えが得られるよ! と。

お盆だ。
戦禍に命を落とした人も大勢いる。
さぁ、遠慮なく故郷に帰っておいで!