本日 11 人 - 昨日 14 人 - 累計 37816 人 サイトマップ

8月

先日、NHKのある番組担当者から、「ふるさと」についての取材を受けた。
番組企画を練る段階のもので、その材料を集めていると言う。

「ふるさと」とは、愛唱歌のふるさとのことで、
まさにこのブログなどで「歌おう!」と呼びかけているあの歌のことだ。
なぜ「ふるさと」なのか。
なぜそれが始まったのか。
どんな思いで歌っているのか。
今は、どのような状況か。
歌ってきたことで、何か変わったことはあるか。
そんなことを聞かれた。

聞かれて、これを呼びかけた始めのころのことを鮮明に思い出した。
あまりの被害に、列島中がおそらく息を呑んでいた。
何かできないか、誰もがそう感じていた。
けれど、東北はあまりに遠く、そして被災地域が広大すぎた。
多くの人が、なすすべを失っていた。
ぼく自身も、動けずにいる自分を感じていた。
せめてそこにいてできること、それは何かを考えた。
東北の美しい風景、それを思い浮かべた時、「ふるさと」が頭に浮かんだ。
提案すると賛同者が多数現れ、
ツイッターやブログの転載が相次ぎ、身の回りの人にあっという間に広がった。
ぼくにはできない芸当だったが、これで本当に、全国に広がった。
まだ4月のことだった。

阪神淡路震災の時もそうだったが、
都会の生活はあまりに移ろいやすく、東日本大震災も、遠からず忘れられていく気がしていた。
忘れないためにも、ぼくたち自身のためにこそ、この取り組みは必要だったと感じている。
この間、変わったこと。
途中から、若いお母さんたちが必ず参加してくれるようになった。
お母さんたちの最大の関心は原発にある。
子どもの将来のため、原発を2度と動かしてほしくない。
それを、声に出して言うようになった。
社会運動などとは無縁だったお母さんたちが、「原発要らない!」と声を高らかに訴えている。
そんなお母さんたちが、毎回歌いに来てくれている。
おりしも、今日は長崎に原爆が投下されて69年目。
放射線は、約70年たった今も、人類には到底扱えないものとして課題を残している。
汚染されたふるさとは、しかし、姿かたちだけは美しさを保っている。
それがかえって、放射性物質の残酷さを際立たせている。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):